iphoneで毎月7GB契約していますが、7GBなんてyoutubeいくつか見たらすぐ超えちゃう。
そんなわけでWiMAXを検討中ですが、正直WiMAXを比較してもどこがいいのか良くわからない・・・

男の人はこういった通信機器とか詳しいから「あ~なるほどね。じゃこれがお得か」とか思えるんだろうけど、アラサー女子にはイマイチ呑み込めない。
WEBでもいろいろ見ましたが、素人向け、機械オンチの女子向けにやさし~くWiMAX 比較しているサイトなんて皆無でした。

購入の決め手はコストパフォーマンスが重要。そう、要は料金プランですよ。でもすごく遅いのはNG、そして初期設定とかも出来るだけ簡単なもの・・・
どこもそんなに変わらないだろうと高をくくって某大型家電量販店Bに行ってみたけれど、スゴイ安いキャンペーンには、ドデカな落とし穴があった。
むむ~、やっぱりいろいろWEBなんかでもいろいろ調べて、自分なりにWiMAX 比較してみないとだと思い、今いろいろ調べています。



WiMAX 比較

  • WiMAX 比較 第1位 ソネット So-net

    WiMAX 比較 第1位 ソネット So-net

    ソニーグループのインターネットプロバイダーSo-net(ソネット)の新規入会プログラムです。
    200万人以上の会員を保有するSo-netは、さまざまな通信事業者と連携し「光ファイバー」から「モバイル通信」まで料金や地域、利用・住居形態に合わせた多彩なサービスを提供しています。
    なかでもモバイル回線はWEBからの獲得が非常に多く、獲得母数の見込める商材になっています。



  • WiMAX 比較 第2位 GMO

    WiMAX 比較 第2位 GMO

    【GMOとくとくBB】なら、基本セットとしてメールアドレスとホームページがそれぞれ無料で15個取得できるので、複数のメールアドレスを駆使し、複数のホームページを運用している。サイト運営者も大助かり!そのうえ月額料金は業界最安値級なんです。
    1.【安い】業界最安値級の月額料金!フレッツ光が556円~
    2.【お得】毎月GMOとくとくポイントがたまる!1ポイント=1円
    3.【充実】メールアドレス・ホームページが無料で15個利用できる!
    4.【限定】新登場キャンペーン実施中!

  • WiMAX 比較 第3位 BIGLOBE

    WiMAX 比較 第3位 BIGLOBE

    BIGLOBE WiMAX 2+ <新端末が仲間入り♪>
    キャッシュバック?ポイント?うれしい選べる特典!(2016年3月31日まで)
    BIGLOBE WiMAX 2+サービス開始の翌月を1カ月目として、23カ月目末日まで継続利用いただけるお客さま限定で、<最大26,000円キャッシュバック*>(指定のアンケート回答必須)
    または
    ビッグローブの月額料金にも使えてキャッシュバック特典より少しおトクな23,400円相当のGポイント特典か、お好きなほうが選べます!
    さらに、BIGLOBE WiMAX 2+の月額料金を2カ月間 最大1,185円/月値引き。
    端末WX02、W02の場合は20,000円キャッシュバック!

WiMAX 比較して購入検討しているけど未だに決断できない

WiMAX 比較した結果これが買い

WiMAX導入にかなり前向き!
40代/d-kie(男性)

WiMAX(wifi)端末を買おうかどうかを悩んでいます。というのもここ最近いよいよ外での通信機会が増えてしまったからです。
その主な原因は「動画」だと思います。

メール、チャット、書類…と言ったやり取りだけをやってた頃を思えば外でネットする事にそこまでの固執は無くて、それこそ3Gや4Gでも十分すぎる程だと思っていました。
ところが最近はスマホとタブレットの二刀流はどこでも当たり前ですし、個人で動画を見るだけでなく外で配信する事すらも珍しくなく時代となりました。
そうなってくるといくら固定金額でそれなりの高速通信が可能とは言え限界がいよいよ見えてきた感があると思えるようになったのです。
プライベートで動画配信を見る機会が増えて本格的にWiMAX 比較して考える様になりました。(あと携帯のみでネット通信してると電池の減りが早いです)

WiMAX 比較の他には公共Wi-Fi等の登録も考えました。
が、通信を一旦止める度に再度アクセスし直さなければならない事が稀にあったりで煩わしさが否めません。
併せて、外で仕事をする事の多い私は書類をその場でまとめて通信を使いクライアントに送る訳ですが、公共Wi-Fiを使っての重要な書類の通信やり取りをする気にはセキュリティーの面で流石になりません。

そういう分野に精通してる悪い人に言わせれば公共Wi-Fiでの通信覗き見は簡単だと聞いた事があります。
個人のWi-Fi機器ならばその心配は大分軽減しますし。そう言った事もあって今、本当にWiMAX導入を考えています。
金額的にも大昔の様に一ヶ月何万円もかからない上に、その頃の1000倍以上のスピードで通信できる事を思えばWiMAXは決して高い買い物ではないと思うので…。


WiMAX 比較した結果これが買い

スマホ料金を抑えるためWiMAXを比較検討中
40代/りおか(女性)

ずっとキャリアのスマホを使ってきましたが、毎月の料金の高さが気になり、最低限のプラン契約だけで、契約することにしたんです。「パケ放題」を含めたネットの契約を解約した形になります。
自宅はWIFI環境なので、ネットや動画は問題なくさくさくと見られるのですが、困るのが外出先です。

ネット契約を解約しているので、外出先では全くサイトの閲覧やメールの送受信もできないということになります。

最初は必要ないと思っていたんですが、やはり外出先で調べものがあったり、友達との待ち合わせ時間の暇つぶしなどに、外出先でもネット環境は必要だと実感しました。

キャリアで再度、ネット環境を整えると、月額料金が高くなってしまうので、検討しているのが話題のWiMAXです。
こちらを持つことで、自宅のWIFIもWiMAX 比較で統一できるし、管理がとっても楽そうだな~と感じるからです。

今家に置いてあるWIFIのルーターは置ける場所が決められていて(家の作り上そこにしか置けない)比較、家電の影響を受けやすいので、途中で途切れたりすることも比較的ありますが、WiMAXならどこでも好きなところにおけるので、それもとても魅力的に感じています。


WiMAX 比較した結果これが買い

思ったより月額料金が安く済みそうなのでWiMAX 比較を考えてます
40代/にっくきにくきゅう(男性)

現在40代男性会社員ですが、自宅用のインターネット回線にWiMAX 比較を・検討しています。
理由は現在利用してるのはYahonnのADSL回線なんですが、2年縛りが解けて違約金なしで解約できるようになるからです。
以前からずっと変更したいと思っていたので、次はどこにしようかと考えてる時にWiMAX 比較は良いんじゃないかと思いました。

まず回線速度が上がります。
ADSLは3~5m/bpsの速度なんですが、クチコミを見る感じではwimax2+だと倍の8~10m/bpsぐらいの速度がありそうなんです。
ADSL回線の速度にやや不満を感じてる私からすると興味もわくというものです。

次に月額料金です。
現在利用中のADSLは1980円です。
WiMAX 比較はキャンペーン抜きだと3500円前後となかなかの値段になるのですが、キャッシュバックキャンペーン適用すると30000円ほど返ってくるんです。
このキャッシュバックを考慮して考えると毎月の支払いは1年計算だとADSLより安い1500円程度になるほどです。
これだけ安いならWiMAXもありだなって感じるので、これを機会にWiMAX 比較して乗り換えてみようかと検討してるってわけです。


WiMAX 比較ってなんのこと?どう便利なの?

WiMAXっていうのは何なんだろうと思って気になっていたので調べてみました。そしてWiMAX 比較についてわかったこと、それは配線なしで家でも外でも自由にインターネットを使えるようになる為の装置だとわかりました。
私のインターネット環境は家に光のケーブルを引いて、ルーター経由でWi-Fiでネットを楽しむといった使い方だったのですが、これならパソコン、タブレット端末、スマートフォンと機種を選ばず無線でネットを手軽に楽しめることができるので、すごく便利だと思いました。
そのメリットはなんといっても無線だと思います。
配線があると猫などを飼っているおうちなどでは配線を噛みちぎられる・・・などが頻繁に起きますよね。その点WiMAXは無線なので配線の心配なく、インターネットを楽しむことができます。

速度も無線なのに申し分なく、下りで最大220Mbps出るとのことなので、これならさくさく動画も観れると思います。
ただ惜しいと思った点は、3日間で3GByte以上通信を行うと速度制限が設けられるようで、ヘビーユーザーの方はWiMAX 2+のほうの利用をしたほうがいいのかなという気がしました。
それでも月の使用量の合計が7GByte以上となった場合は速度の送受信最大が128kbpsになるのは痛いかなと思います。
でもまあそれで痛いと思うのはヘビーユーザーの方であって、一般の方が使う分には全然申し分ない範囲だと思いました。

これはいいですね。
今まで機器ごとに使用料を払っていたものがWiMAX 比較を利用してまとめることができる点は、家族でタブレット端末やスマートフォンを使う場合には大変向いているのではないだろうかと思いました。
また、東京メトロや大阪市営地下鉄などの地下鉄・地下駅でもインターネットが楽しめるとか、WiMAX比較端末を携帯しながらインターネットをどこでも楽しめるという点が素晴らしいと思います。WiMAX 比較の端末自体もそれほど大きくないので場所を取らないところが便利ですね。
外でインターネットを使う必要があるときに、スマートフォンでのテザリングを行うよりも電池の消費が少なくて、連続通信時間が最大11時間という端末もあるそうで、これはとても良いと思いました。
今後WiMAX 比較に切り替えて通信を行うというのもありかなと私は思いました。

WiMAX 比較のコラム

WiMAX 比較したらVista、XPからの買い替えユーザーの約7割がWindows 7に対して満足
WiMAX 比較したらVistaからの買い替えユーザーは68.8%が、XPからの買い替えユーザーは73.5%が、Windows 7に対して満足なんだそうだ。
Vistaが悪すぎたからVistaからの乗り換えは満足だろうけど、XPからの乗り換えの方がより満足度が高いってのはなんなんだろう?
XPを使ってた人は、古いハードを我慢して使ってたから、その分の満足度もあるんじゃないだろうか? 正直XPで十分だ。
やっぱり初期バグはあるようだし、MSの新しいものはSP1が出るまで待つべきって法則は今回も有効なんじゃないかって気はする。
ビジネス用のPCのOSは、グラフィカルでリッチなインターフェースなんか要らんから、安くて堅牢なのにしてくれれば良い。
家庭用のは極端に言えば互換性や信頼性はテキトーでもいいから、見た目や操作感がフレンドリーな方が良い。
GUIだけニンテンドーあたりに外注に出してもいいんじゃないだろうか。
VistaユーザーのみならずXPユーザーからも高評価、Windows 7の普及に期待が高まる~オリコン調べから。
差し迫る恐怖とWiMAX 比較

隠れる男

気が付いた時、驚くほど素早く行動できた。 追手が近づいた今、手元にあるWiMAXを比較、使用して携帯端末で地図を起動する。 現在地を確認した後、目的地までの距離を把握。 ネットが重いと感じない高速回線に、これほど感謝した過去はないだろう。 瞬間、足音に驚き身を竦めるが気配を押し殺して息を止めた。
遠ざかる足音に安堵し、あたりを見回す。 地面に落ちているコインに目が止まった。 あれは、まさに目印だと直感的に感じた。 あいつはあの場所にいるという確信が持てた。
タブレット端末を起動し連絡ツールで依頼者に現状を報告。 スマートフォンで現在地と目的地までの距離を再確認しつつ、小さなPC端末には必要となるアプリをダウンロードし、同時並行で回線を一気に使用するが速度の遅さを感じさせない。
さすが、WiMAX 比較だ。
これからターゲットの救出に向かうと共に、ある作戦を実行する。 失敗すればこれが最後のミッションとなるだろう。 全ての情報は頭に入った。後は飛び出すタイミングだけだ。 息を整え、頭の中を落ち着かせ、情報を体に染みこませる。 深呼吸をした後、一歩進んだ瞬間、後ろから声がした。 「なんだ、こんなところに隠れていたの?」
汗が、一瞬で全身に広がる。 心臓の音が僕の頭の中を支配した。
新幹線でもWiMAX 比較は使えるの?

新幹線 ビジネスマン

無線通信を行うWiMAXで気になったのが、無線だから速度の出る新幹線では使えないんじゃない?というのでした。
そこでまず調べたのはスマートフォンの規格であるLTEでした。

ドコモのXiは東海道新幹線だと、東海4県(愛知・岐阜・三重・静岡)内の全駅・全区間で繋がり、地下鉄や主要な鉄道路線で繋がるということでした。
ソフトバンクのLTEは新幹線でも繋がるものの、特に普通電車の地下鉄での接続に力を入れているようです。auのLTEは、東北新幹線23駅、秋田新幹線23駅、山形新幹線16駅、上越新幹線13駅、北睦新幹線18駅、東海道新幹線17駅、山陽新幹線19駅、九州新幹線12駅で繋がることが明記されていて、一番接続に力をいれているのが窺えました。
東北新幹線ルートでドコモ、ソフトバンク、auに加えてイー・モバイルの4キャリアでの通信の安定度を測った方がいて、その結果としてはドコモ、au、イー・モバイルが良好で、ソフトバンクだけがトンネル間で繋がらない状況が続いたのでした。
携帯のキャリアは無線接続にかなり力を入れているのでした。

以上から無線でも繋がるんだというのがわかりました。
これを踏まえて、WiMAX 比較について調べてみると、WiMAXでは東海道新幹線、それもN700A・N700系だけ、それも東京~新大阪間だけしか網羅していない事実がわかりました。
あとは東京~新大阪間全駅のコンコース待合室などでもWiMAXを使えるようです。
あとは成田エクスプレスのE259系で使えるものの、トンネル間は通信の対象外となっていました。スーパーひたち・フレッシュひたちのE657系で上野~勝田間でも使えるようです。
都営地下鉄は101駅の駅構内で使え、車内での利用よりも地下鉄・地下街での利用に力が注がれているという印象を持ちました。
とりあえずN700A・N700系に限ってですが、東海道新幹線の東京~新大阪間でWiMAXが対応しているのがわかりました。
高速で走っている車内の中でも使用できるのは凄いと思います。新幹線は最高270km/hで走っているので、その車内で途切れず通信を行うなんてどのような技術を使えばそうできるのか私には想像もできない世界です。
今後、WiMAX 比較も使用可能な路線を拡大していくものと思われます。そうなればドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに並ぶ品質を掲げることができるようになると思いました。
iPhone VS Android VS WiMAX 比較

スマートフォン

そういう話になっているらしい。
最近モバイルモノには疎くてさっぱりキャッチアップ出来てないが、今のところシェアではiPhoneとWiMAXが圧倒的でブランドイメージも圧倒しているが、Appleがアプリの販売をAppleStoreで一元化して独占するために、いろいろプラットフォームやアプリ開発やStoreへの登録審査の締め付けが厳しくなっていることに、アプリ提供側が反発していて、Androidなどの他のプラットフォームに乗り換え始めていると。
Appleの方針は、普通に考えて独禁法にかかりそうだし、日本人は寄らば大樹の陰が好きだが、アメリカ人は縛られるのが嫌いだから、Appleの方針は危ういかも知れない。
iPhoneは小さいWiMAXではなく、独自規格の家電だと言い張れば、独禁は逃れられるかも知れないが、アメリカでは閉鎖的なプラットフォームは大抵失敗するので、どうなるのか注目するべきところだ。
WiMAX 比較して端末を私の体に埋め込んだら

輝く 女性

WiMAXは配線不要で、繋がるエリアであればインターネットに接続できる。そんなWiMAXを比較して自分の体に埋め込んだらどうなるのだろうか。きっと誰よりも知識が豊富で、誰よりも優れた選択ができると思う。

例えばクイズ番組だったら負け知らずになって、確実に賞金を稼ぎまくるだろうし、一躍有名人になる事もできるし、株の投資にしても、誰よりもいち早く情報を集めて、リスクを回避して成功する確率も飛躍的に高まると思う。
学問においても、ビジネスにおいても、生活においても、賢い選択をする事ができるのだから、格段に人生が変わる事だろう。
世の中は情報に溢れてる。日本だけじゃない。世界中だ。

朝の目覚ましに眼が覚めて、寝ぼけながら通勤電車に乗って、職場に着いたら仕事して、定時を過ぎたらお疲れさま。掃除のおばちゃんに早く帰りなと遠巻きに言われて、夜の街にとぼとぼと、疲れた体が家路をたどる。。。誰もが想像できて、誰もが経験するようなごく日常の話し。
しかし、WiMAX 比較した端末を私の体に埋め込む事が出来るとしたら、もしかしたら、いや何かが各段に変わるはずなのだ。

仮に私がWiMAX 比較して一番良かった端末を埋め込んでいたとしよう。
朝目が覚めて通勤電車に乗るまでに、ネット上で新鮮なニュースが直ぐに分かる。いちいちスマートフォンで検索しなくていいんだ。頭の中に情報が入ってくるからね。
そして出社までにネット新聞を読み漁ることだってできる。効率よく仕事だってできる。
出社して仕事をこなしながらでも、他の情報が頭にどんどん入ってくる。お昼時になったら美味しいお店や割引クーポンを発行しているお店を探す事もできるから、人一倍詳しくなれるし、楽しみも増える。
午後の仕事をしながら帰りに面白いアミューズメントを探したりもできる。カラオケ、ボーリング、ゲームセンター、スパ、スポーツなどなど。
そして帰宅途中の時間を活用してツイッターやFacebookとかを使って交流もできる。

生活がまるで変わる。しかも頭の中の言葉だけに反応するバージョンで、キーボードもマウスも要らない。WiMAX 比較後の端末が私の体に埋め込まれているので、イメージを浮かべるだけでWiMAX 比較後の端末が反応してくれて、頭の中の電気信号を変換して通信をしてくれるんだ。
これなら海外旅行に行っても困ることはほとんどない。国の言語を知らなくても、WiMAX 比較した通信網を通して頭の中で翻訳できる。多少の言葉のずれはあるかもしれないけれど、けっこう役立つし使えると思う。
しかも自分だけに役立つわけじゃなくて、家族や友人や恋人にもかなり役に立てることが出来るんじゃないかな。

家族で言ったら節約に関してのお得な情報を伝えるのも可能になるよね。家電製品の一番安いところを直ぐに見つけたりとか、デパートでこんなセールやってる!とか。家族旅行にもお得でいろんなところに行くことが出来ると思う。そして友だちには役に立つ情報を提供できる。
例えばドライブでお出かけのルート案内とか、ライブの情報とか。恋人にはとっておきの情報で、美味しいグルメスポット、観光スポット、ネットだから予約だって出来ちゃう。
自分がまるでインターネットと直結してる感じ。

でもちょっと気になる事が二つあるんだ。

一つはエリアの問題。WiMAXには通じるエリアがあるという。今ではほとんどのところはカバーされてはいるけれど、100%というわけじゃない。
もし通じないところに行ったら、もちろん情報は入ってこない。
例えば山奥に入ってサバイバルするとしよう。WiMAXのエリア内でサバイバルなら、ネットで検索すればサバイバル術が豊富に見つかる。
でもエリア外でサバイバルするとなると、本当にそれこそ命を掛けたサバイバルになって洒落にならなくなる。極端な例えだけど、WiMAXにはエリアの問題があるってことだね。

ロボット

もう一つはデータの速度制限の問題。けっこう持っている人が多いんだけど、使い過ぎると速度制限が掛かってしまうんだよね。 まったく使えなくなる訳じゃないんだ。速度が制限(低速)になってしまうんだよ。例えば3日間で3GB以上のデータ通信をした場合、速度に制限がかかると言った感じ。
まだピンと来ないと思う人も多いから説明しておくけど、例えばパソコンにWiMAXを繋げたとして、3日以内に、2時間ちょっとのデータ配信映画を2本(合計約5時間)を観ただけで、データ量が3GB近くになってしまうから、速度制限の対象になりやすいんだ。 速度制限が掛かった場合は、情報を読み込むまでに重たく感じると思うけど、だいたい1日くらい待てば復帰して通常の速度に戻るからあまり心配は要らないね。

結局のところは端末の名前じゃなくて、通信方法の一つなんだ。そしてWiMAXの通信網って言うのがあるんだよ。 その通信網に入るために「WiMAXの端末」があるんだ。だからもしWiMAXを私の体に埋め込むことができたら、世界中のいろんな新しい情報がどんどん入ってくる。夢のような話しだけどね。でももしかしたら、どこかでひっそり始まっているのかも知れないよ。
ラオスのWiMAX 比較してから普及に携わった留学生との大学生活を振り返る
「サバイディー!」(こんにちは!)
Dさん

ハイテンション 男性

Dさんは、人が気持ちよく寝ているにもかかわらず、勝手に寮の部屋に入ってきては、当時の箱型デスクトップに向かってインターネットに興じていた。
Dさんは、ラオスからの国費留学生だった。
講義が一緒だったということもあり、Dさんとは3つ年齢が離れていたが、仲が良かった。
寝るのが大好きな私を叩き起こしては、無理やりテニスに誘ってくれたのもDさんだった。
正直、この遠慮のなさが、とても好きだ。

日本では、ラオスといってもピンとこない人が圧倒的に多い。
正直、私もDさんに会うまでは、ラオスが東南アジアの一国ということすら、よくわかっていなかった。
「ラオスといえば、ユネスコの世界遺産に登録されているルアンババーンが有名だよ!」
Dさんは、私のインスタントラーメンを勝手に調理し、鍋から直に食べながらそう言ったが、ルアンババーンなんて聞いたこともなかった。

ラオスは、はっきり言って貧しい国だ。いや、「であった」と言った方が適切かもしれない。
いまや、情報エレクトロニクスの分野では目覚ましい発展がある。

かく言うDさんも、大学では情報通信分野のエレクトロニクスを専攻していた。
平たく言うと、パソコンやケータイで使う情報通信技術を勉強していたようで、Wi-FiやWiMAXに精通していた。私には、さっぱりわからない。

自由にインターネットが使えることが楽しいようで、よく部屋にやって来ては、男子学生が誰しも好きな「動画」を見ようとしていた。
パソコンにウイルスが入ったらどうしてくれるんだ、と思っていたが、なんだか憎めない。
東南アジア特有の気質か何か知らないが、なんだか憎めない性格であった。

勲章

そんなDさん、実は超優等生だったことが後に発覚した。
ラオスにも学力選抜試験があるようで、本人曰く、ラオスでトップ5に入り、地元では「神童」と崇められていたそうだ。
自分で言うか!っと思いつつも、そこはやはり国費留学生。
アメリカのフルブライト奨学金を見てもわかるが、実際にそれぐらい優秀でなければ、国からお金をもらって留学なんてできるはずがない。 ましてや、ラオスだ。

パソコンモニターに顔を近づけ、動画を見てニヤニヤしているDさんを横目に、さすが国費留学生は優秀なんだなっと敬服したのをよく覚えている。

ラオスでWiMAXを普及

地球 光速回線

私が卒業してから1年後、そんなDさんも無事卒業し、ラオスに帰国した。

国費留学生だったDさんは、帰国後、国の発展のために働き始めたようで、どうやらWiMAXのR&Dや普及に携わったらしい。
ラオスのような小国になると、インフラ整備は、企業が主体のビジネスではなく、国家プロジェクトになる。
Dさんは、国立研究所で主にWiMAXを始めとした通信網のインフラを研究したようであった。

ラオスは、もともとインターネットの通信インフラが未熟だ。
隣国タイから流れてくる通信回線を拾っては、ようやくインターネットに接続できるようなお粗末な状態であった。
しかし、Dさんの帰国後は、なんとWiMAXが一時的に普及していた。

一般的に、先進国と比べて、途上国では都市部と農村部の間の、いわゆるデジタルディバイドが顕著だ。これは、ラオスも例外ではない。
回線の敷設などハード面のインフラが未熟なラオスでは、WiMAXはとても合理的なものだと思う。
情報通信の発達は、いまや国が豊かになる大前提だ。
あのDさんが、WiMAXを切り口に、国を豊かにするプロジェクトに携わっていたかと思うと、人は見た目じゃわからないと実感する。

しかし、残念ながら、その後ラオスでWiMAXは普及しなかった。
だが、いまやラオス国内ではLTEも使えるぐらい、回線状況は良くなった。
これも、WiMAXやWi-Fiなど、試行錯誤を繰り返した上での結果なんだろう。

都合の良い回線、WiMAX
時折、FacebookでDさんと話をするが、こんなことができるようになったのにも、Dさんが一役買っているかと思うと、ただただ感心する。

そんなDさんに、久しぶりにメッセージを送ってみた。

「貸した8,000円、まだ5,000円しか返してもらってないんだけど?」

あっという間にオフライン。
なんとも都合の良い回線だ。

ショートストーリー WiMAX 比較編

フロイトとユングとアドラーと、そしてWiMAX 比較の話
フロイトは、さきほどから研究室を出たり入ったりしている、ユングのことをいまいましげに眺めていた。

最近のユングは、フロイトには全くお構いなしだ。…少し前までは、彼の学説に心酔してべったり付きまとっていたというのに。
今日も、彼が見たこともないような、黒い物体を大切そうに持って、忙しなくその前を行き来していた。
(なんだ、奴の持っているものは…もしや、私の知らない機器ではあるまいか…)
WiMAX 比較する事も知らないんですか?

画家

「ユングくん。その手に持っているのは何だい?」
フロイトは、とうとうそのことを訊いた。──さっきからとても気になってしょうがなかったのだ。

「ん──どれですか?フロイト先生」
ユングはおや?という表情で見る。

「それだよそれ。君が今、手に持っている、その黒いやつさ」

「あ、これですか?」
ユングは自分が持っていた、フロイトが言う”黒いやつ”を軽く掲げた。

「そうそう、それだよそれ」
「これ、WiMAXですよ」

「…WiMAX 比較?」
「そう、WiMAXです」
「え……えぇ?…え?…WiMAX 比較…?」

「ちょっと待ってください。フロイト先生!もしかして…」
途中まで研究所でひっそりとふたりのやりとりを傍観していたアドラーが会話に参加してきた。

「先生、WiMAXも知らないんですか?」
アドラーはとてもびっくりした!という表情でそう投げかける。

「アドラー君、そういう言い方は良くないよ。フロイト先生、またトラウマ創っちゃうから。そして、リピドーが迸っちゃうから」
ユングはアドラーにそうたしなめる。

「コホン!!んーあー…──ああ、WiMAXか。なんだそうか、WiMAXだったのか、それ」
大きく咳払いをしたあと、そう応えた。

「ああ、さすがに、フロイト先生もWiMAXは知ってましたか」

「失礼な。知ってるさそれくらい。…それで、その…それは、何に使うんだ?」

「は?」「へ?」
ユングとアドラーは同時に聞き返した。

「知ってるんじゃないんですか?WiMAX」
「もしかして、知らないんですか?…WiMAX」
「だから、知っていると言っている!!…無意識的に!!」

「無意識的に?なにそれ?」
「…つまり、知らなかったってことさ」
ユングはあきれ顔でアドラーにそう答えた。

「そうだ!…その黒い物体は、シンボルとして私の意識に投影され、これまでの人類の集合的意識から……」
そう言い、顔を紅潮させながらWiMAX 比較に関しての説明をし始める。

パレット 絵具

「…リピドーが迸ってるね」
アドラーはあきれ顔でユングにそう伝えた。

「君の『目的論』で導いてあげたらどうだい?」
ユングは嘲笑の表情を浮かべながら、アドラーにそう返した。
───そして、フロイトは、WiMAX 比較に関するでたらめの説明をしながら、そんな反抗的な態度を取る2人の生徒の様子を苦々しく睨んでいた
実力以上に自身を大きく見せるべきではない

神様 おじさん

フロイトがユングのWiMAX 比較とやらに関心を示すのには訳があった。
ユングがWiMAXを取り出すとき、彼はいつもPCとセットで使っていたのだ。

(…おそらくあの、WiMAXという機械は…PCの動作を助ける何かしらの働きをするものだろう…恐らく、とても便利な…)

「…ぐぬぬ…私の知らない機器を使うなんて…それだけは、ダメだ!!」
ユングとアドラーが退室した研究室でひとり、そう呟いた。なぜなら、この研究室でPC教室を開いており、生徒であるユングとアドラーに毎月10,000円を課していたから。
生徒の2人が、PCに関してフロイトの知らないことを知っているという事態は、彼にとって許すまじきことだった。

「…あいつら…最近は、俺の学説はもう古いとか言って、独自の学説を発展してきてるからな…そのうえ、PCも自分たちの方がスキルが上とか勘違いし出したら、毎月の謝礼も払わないと言いかねないぞ」
それだけは絶対に避けねばなるまい、と思った。2人からの謝礼は、フロイトの大事な、現在ほぼ唯一の収入源だったからだ。

『…フロイトよ…』

ふと、天井から彼を呼ぶ声が聴こえてきた。

「!!…その声は、ニーチェおじさん!?」

ニーチェおじさんと呼ばれた声は、姿を見せずに、依然として声だけが、天井の方から聞こえてくる。
『そうだ…。お前は、お前の実力以上に、お前自身を大きく見せるべきではない』

「!…どうして、それを…」

『…ありのままのお前を…あのふたりに、見せてやるのだ…今お前が、してやれることを、あのふたりに、してやるのだ…』

「!!…ニーチェ…おじさん…」
…それっきり、声はしなくなった。
マックス違いのWiMAX

キメ顔 コアラ

翌週、ユングとアドラーは研究室に召集された。

「フロイト先生、どうしたんですか?こんな朝早く…」
「また変な夢観たんですか?…それで夢診断で…」

「…違う違う。実はな、私も手に入れたんだよ。…そのユング君に劣らない、立派な…MAXを」

「MAX?…WiMAXのことですか?」
「先生もWiMAXを手に入れたんですか?」

「…いや」
そう言って、苦笑しながら首を振った。

「…残念ながら、私にはそのWiMAXを手に入れるだけの実力がなかった…『プロバイダはどこに入りますか』やら『ルーターはどうしますか』やら言われて、手も足も出なかった。…それは認めよう。
 ──だがしかし!!」
いつになく、強い眼光でユングとアドラーの2人を見据えた。

「私は思ったのだ!!!…ならば、WiMAX 比較しなくとも、私なりのMAXで良いんじゃないかと!!」

「先生なりのMAXだって!?」
「一体、どういうことだ…」
フロイトの様相にさすがのふたりも焦り始めている。───そして彼は、研究室奥の扉に向かって、話しかけた。

「…準備は良いかい?…MAXよ」

その投げかけに反応するかのように、扉の奥から、軽い物音が聴こえてきた。

「え!?」
「『MAX』って呼んだ!?WiMAXじゃなくて?」
「もしかして、先生の言う『MAX』って…!?」
「あの… 熟女になっても今なお色あせない、沖縄出身セクシー4人組の…!?」
「私の…若いころの青春を彩った写真集の実物を、フ、フロイト先生が…つつつ…連れてきたってこと!?」

「フフフ、そう興奮しなさんな。今逢わせてやろう」
そう言って、奥の扉を開ける。

「ちょちょ、ちょっ!!…せ、先生?…私、まだ心の準備が…」
「えええ…本当に?本当に?あの、WiMAXじゃない、MAXのリナちゃんに会えるのこれ!?」

───…扉の先に立っていたのは、まぎれもない、
   あの有名な、芸能人の…───

「ふわああああああ…」
「は、はじめて…みた…」

───…札束ネタで有名で、
   かつ奥さんが美人タレントの…───

「あ…あ…あず…」
「東MAXじゃないですかあああああああ!!!WiMAXじゃない~」

───…東MAXこと、
    Take2東貴博だった …───

………

……



「ハッハッハッハ!…どうだい。驚いただろう」
フロイトは満足そうに、二人の弟子に笑いかけた。

「…驚いたっていや、驚きましたけどね」
「ええ。人間って、こんなにガッカリするもんなんだなってことに驚きました」

「…まあ、先生らしくて好きですよ。…ああいう、次の展開を絶対読ませないような、サプライズを考えちゃうとことか」
「サプライズすぎますよ…一体、僕ら二人に見せるために、東MAXにどれだけ出演料払ったんですか?WiMAXで良かったのに・・・」

「フフフ、それは、内緒だよ」
フロイトは二人の愛弟子に優しく笑いかけた。

あきれ顔 男性

…だが、二人は知っていた。

…彼が長年肌身離さずに大事にしていた、彼が唯一身に着けている高級品である腕時計を、今日はしていないことを。
…そしてその腕時計は、今頃近所の質屋にあろう。
…質屋で得たお金は、WiMAXではなく東MAXを連れてきた出演料で殆ど費やしてしまったであろうことを。

そして二人は、自分たちの師匠に向かって、『ホントこいつしょうがねーなー』といった表情を、…幾ばくの愛情も含めて…、向けるのだった。
それぞれの深層心理
多くの文献では、フロイトとユング、フロイトとアドラーは学説の違いから、一生回復する訳のない仲違いをし、ユングもアドラーも、彼の元を去っていったと記されている。

だが、一方において、ユングもアドラーも、晩年になってフロイトをこう振り返って、彼をとても懐かしがっていたと、一部の書籍では紹介されている…

ぽかん 女性

「あのオヤジ、サイコーにイかしてたよ。…だって、WiMAXにかけて、東MAX連れてきちゃうんだぜ!?」 
 by Alfred Adler(アルフレッド・アドラー)

「…見てていつも飽きさせなかったよね、彼って。彼のリピドーは常にMAXだったよね、きっと!!」
 by Carl Gustav Jung (カール・グスタフ・ユング)



「あのバカ弟子どもが、呆気にとられてポカーンと口を開けているところを見るのが、何よりもの楽しみだったわ。ガッハッハッハ!!」
 by Sigmund Freud (ジークムント・フロイト)
キミだけのパラダイス WiMAX 比較
長い上り坂を自転車で漕ぎ、少し暗いトンネルを抜けると眼下に広がる景色が心地よい風と共に迎え入れてくれる。
「今日も気持ちいなぁ~」
溢れんばかりの笑顔で校門を潜り抜けた時間は9時を既に過ぎた時間だった。
教室の後ろのドアをそっと開け、這いつくばるように席に座る。漫画だったら見つかりそうなものだが、希美は見つからずにすんなりと自席に座れた。
(ば・か)
声を出さず口を動かして希美に話しかけたのは、斜め前の席にいる田山朗だ。あいつはいつだってWiMAXを比較するのが趣味の変わり者だ。
未来

片思い 女性

高校に入って三年間、希美はずっと田山と一緒のクラスで、女子に人気のある田山を紹介してほしいなどという橋渡し役を何度も頼みこまれていた。
うんざりしていたのもあるが、確かに田山はイケメンといえるタイプの風貌であるがゆえに仕方がないのかもしれないと若干諦めている部分もある。
ただ、田山は隣のクラスにいる桜井のことが好きなのは知っていた。WiMAXを比較するより好きなのだ。

でもそれは、どれだけ求めてもかなわない恋だということを希美は感じていた。

高校も三年となれば受験に向けてスタートしている時期だが、希美は進路に悩んでいた。
田山はいつも通りお節介の如く世話を焼き、様々な大学のパンフレットを用意しては希美に渡すことを続けていた。けれど、希美はどれもが同じに見え実感できない将来という漠然とした不安に押しつぶされそうになっていた。

「あんたは、どうするの!」

家に帰れば母親がいつも怒鳴り口調で問い詰めてきた。
お前の将来はどうするんだと突然答えを出せと言い出すのだ。今まで、あれしろ・これしろと命令して従わせ敷いたレールを歩かせることをしてきた両親だったが、最後の最後でその役割を放り出したのだ。
「じゃぁ、あの大学にしようかな」と一度だけ希美は口にしたことがあった。ところが、両親揃ってお前には無理だ・そんなところに行って就職はどうなる!無駄な学費を払いたくないなどと頭ごなしに否定してきた。
そういった希美が抱える家庭の事情を、田山は知っていた。
以前田山は希美の近所に住んでおり家族ぐるみの付き合いがあったが、父親の転勤で一度地元を離れた。その後、高校受験を機に地元に戻ってきたのだが希美は一層内にこもるような性格になって、WiMAXをいじってばかりいたため田山は心配でたまらないのだ。

そんな家庭で育ってきた希美にとって将来というものに期待も希望もなく、自由という言葉を知らないためまったく想像のつかない無駄な時間に思えていたのだ。真剣に将来を考える友人たちや、その家族の話がまるで嘘のように感じ「大学を親と見に行ったの!」という話をキラキラした目で語るクラスメイトの気持ちが理解できなかった。

「そろそろ、真面目に考えろ」

進路 悩む女子高生

授業中にWiMAXを比較したり小説を読んでいた希美の頭を出席簿で叩いた音と同時に、担任教師の怒号が響いた。クラス中が希美に注目する中、希美はじっと教師の目を見て答えた。
「真面目に考えたところで、どうせ否定するんでしょ?だったらどうすればいいか、あんたが教えてよ」
けれど、どの大人も「自分の将来くらい自分で考えろ!」と怒鳴り散らすだけで答えは出さなかった。希美に答えを渡せば親に報告することくらいは教師もわかっているだろう。
そうなれば、誰がそんなことをいったのかと揉めた場合、担任教師へ矛先が向く。揉め事の発端となった言葉を放つことがデメリットだと考えている教師の思考はダダ漏れであり、比較的子どもでも、自己都合しか考えない大人の態度から余計に将来に対して冷めた気持ちが増えていた。
微妙な二人

図書室

「図書館に行こうよ」
突然、隣のクラスの桜井が廊下でWiMAXをいじりながら話しかけてきた。
とても驚いた。特に今まで交流がなかったはずだが、どうやら桜井は田山の気持ちに気づいていて対処に困っている様子だった。
「どうして、急に?」

桜井はいいにくそうに「先生の声が、こっちのクラスまで聞こえたから」と答えた。
「あー、嘘?マジで?」
「うん。私も、ちょっと前に同じことを担任にいわれてへこんでてさ。田山君がいつも希美は希美はって話してたから、あなたのことは知ってたの」
「私も桜井さんのこと、知ってる」
「どうして?」
「なんでかな?」

廊下の窓を桜井が開けた。
野球部の元気な声と吹奏楽部の自主練の音が溢れこんで入ってきた。

「あぁ、もうすぐ夏休みだね」

3ヶ月が過ぎて・・・
桜井奈央と図書館通いをし始めて3ヶ月が過ぎようとしてた。デジタルから遠ざかりWiMAXは使わなくなった。
お互いに仲良くなって放課後だけ図書館で勉強をしたり、本を読んだり、図書館の庭でくだらない話で盛り上がっていた。
将来を確認したり比較する作業といったような形で始めた図書館会議は、偶然田山に見つかった。

「なに、やってんの?」

思わぬ声の主に顔をあげ、田山の顔を見て二人は固まった。
「いや、別に」
示し合わせたかの如く答えがきれいにハモってしまい図書館というのに爆笑してしまった二人は、笑いのツボが去る様子がないため慌てて部屋を飛び出した。

「あー、びっくりした」

まだ背中の端に笑いのカスがついているかの如く、背中は小刻みに揺れ腹筋は鍛え上げられていく途中のようだった。
「なんでそんなに笑うんだよ」
少々むくれた顔の田山は、何が何だかわからないといった表情だった。
イオ

スケッチブック

そんなある日、桜井が風邪をひき学校を休んでいた。仕方なく希美は自転車を漕いでひとりで図書館に本の返却をしに行ったのだが、図書館の入り口で食パンを咥えた変な男性学生を見かけた。
ボーっと何かを見ているのだ。
だが、その目線の先には何もない。
気になって自転車を降りて歩いて男子生徒に近づいた。
じっと目線の先を見てやっと気がついた。
「あ、子猫」
その声に男子生徒は飛び上がるほど驚いたらしく声も出せずに、後ろに飛びのいて転げた。
「あ、ごめんごめん。驚いた?」
転んだ男子生徒に手を差し伸べると、口をパクパクとさせながら「驚いた」という言葉を絞り出したように話した。男子生徒の側にはWiMAXとスケッチブックが落ちていた。
それにはとても上手に書かれた先ほどの子猫が描かれていた。
「なにこれ、超うまいじゃん」
「そうかな?」
そういってはにかんだ男子生徒の横顔を見た瞬間、希美の心臓は大きく音を1度鳴らした。
そんな様子を遠くから田山は見ていた。

メールのやり取りを始め希美にとって衝撃的な事実が発覚した。彼がまだ中学二年生であるという年齢だった。まさか年下だとは思わず、それも中学生だったというのは非常に衝撃的だった。
少年の名前は、イオといった。それが本名かどうかもわからないが、名前を聞くと少年はイオと名乗ったのだ。
「イオって、将来は何になりたいとかあるの?」
メールで聞いてみると、すぐに返事があった。
「箱がありすぎる未来を1本に絞りたくはない。何でもやりたいし、何でもしたくない」
「どういう意味?」
「時間が足りないよね。絶対数的に。人間の生きている時間の中で自分がやりたいことがやれる時間って」
イオは学校にあまり登校しておらず、フラフラとWiMAXでネット通信して絵を描いては図書館に通う日々だということがわかった。そんな状態であるにもかかわらずイオの両親は特にイオの行動を咎めることもなく、何かを極めるか見つけるかは重要ということでイオ自体を受け入れているらしい。

学校に行かなくてもいいがテストの点数を確保するというのが条件で、腹立たしいくらいに勉強をしなくても比較的呑み込みの早いイオは、学年トップレベル保持しているらしい。
学校に行かない理由を聞くと、「勉強が将来どういったことに役立つのか?」という質問に対し大抵は「お前のためだ」という抽象的な答えしか返ってこないことが気に食わないそうだ。
年末が近づいてきたある日、思わぬタイミングで雪が降り始めあっという間に積もってしまった。しかし、図書館の中にこもりっぱなしだった希美は気づかず勉強をし続けていた。その頃にはイオも希美もお互いの隣に座るような仲になっていたものの、それ以上の発展というのは特になかった。

勉強する女子高生

お互いに背中合わせのような関係になっていた。
足踏みしている。
その言葉がぴったりと合うほど、距離感を測っていた。
その日に限ってイオは来なかった。
何かあったのかと思ったものの、センター試験目前だったためWiMAXをネットにつないで勉強を必死にしていた。
結局は大学進学を考えている希美だったが志望校は未定だ。
キミが好きなんだ!

泣きながら電話 女子高生

「帰るのか?」
声がするほうに振り返ると田山がいた。
「あれ?いたの?気づかなかった」
少し離れた場所にいた田山が、一気に距離を縮め希美の腕を掴み壁に押しつけた。
「ねぇ、もうオレと付き合わない?」
「なにいって…」

田山が消え入りそうな声で、泣き声をごまかしていることに気づいた。
「あんた、本気で言ってんの?」
田山は思い切り希美を抱きしめキスをしようと顔を近づけた。
「やめて!」
希美は田山を思い切り付き飛ばした。
「いってぇ…」
急いでその場から離れた。
何より、震えて怖かった。
WiMAXを持っていた希美はイオに連絡した。
「今から会える?」
「どうしたの?急に」
雪が降り積もる中、図書館に戻りたくなくて外灯の下でイオが来るのを待った。
イオの姿が見えて希美は駆け寄り抱きついた。
「お願い、離さないで」
「田山さんがキミでもいいやって襲ってきたんでしょ?」

その言葉に驚き顔をあげると、そっとイオは希美にキスをした。
希美はあまりのことに、走り出した。
恥ずかしさや嬉しさ、色々な気持ちが爆発してしまいその場にいられなくなったのだ。
驚いたイオは慌てて追いかける。
見失ってWiMAXを使いiPhoneで現在地を確認しながら希美を見つけた。

ハート

「逃げるなよ!キミが好きなんだ!」
「そんな大切なこというなら、名前で呼んでよ!」
「希美って書くんだろ!だったら、キミじゃんか!」

冷たい雪が降り積もり吐息が白くなるほど寒い中、二人の頬と心は赤く染まっていた。
WiMAX 比較について質問したら勘違い男に粘着された

仕事でパソコンもインターネットも使っているわりにはWiMAXというものがわからない毎日を過ごしていました。
みんなWiMAXを 比較していろいろ知っているようだったので恥ずかしくて周りの人には聞くことができないまま時は過ぎました。
当時、ツイッターをしていたのですがツイッターで家電量販店に勤めているという人と相互フォローになり、仲良くなりました。
ネットなら気兼ねなく聞ける!と思い、さっそく家電量販店に勤めているフォロワーに質問してみたところ教えてはくれたのですがイマイチわからず・・・。

結局わかんないから適当に話を終わらせようと思ったのですが、終わらせてくれないのです。
家電量販店に勤めているフォロワーは、自分が男であること、肥満体型であること、30代であること、変わった名前であることなど自分のことをぺらぺらと話すのです。

結論から言うと、とんでもない勘違い男でした・・・。
WiMAX 比較した結果、疑問を質問をしただけでなんと彼女認定されていたのです。
なぜか会う話になっていたので、全力でお断りしました。
お断りしたら当然のごとく逆ギレですよ。

バレバレの別アカウントで別人を装ってリプしてくるわ、私のツイート内容に関する文句をDMで送ってくるわ、私のツイート内容に絡めたエアリプをしてくるわ、引用RTした上で批判してくるわ・・・とんでもない地雷男でした。
ものすごい勢いで攻撃してくるかと思ったら、今度は「相談に乗ってほしいんだけど・・・」と明らかに私のことを他人に置き換えただけの相談をしてきたり本当に危ない人という感じでした。

勘違い男ってだけでも無理なのに、もう本当に無理なところばっかりだったんです。
家電量販店で接客業してるわりには接客に関する言葉も知らないし、言葉の使い方も間違ってるし、なんか可愛い子ぶってるのも無理でした・・・。
だって、肥満の30代(しかも後半)のおじさんが「ごめんなさいでした☆」とか「ありがとうでした☆」とか言ってるんだもん・・・無理ですよ。
他のフォロワーさんがドン引きするレベルの粘着でしたが、私も別のアカウントを取得して鍵付きにして今は平和にしてます。

頭を抱える女性

いやー、まさかWiMAXからこんなとんでもない男が釣れるとは思いませんでしたよ。
その後、WiMAXについては理解することができました。
勘違い男と違ってわかりやすーく説明してくれる人がいたもので、本当によかったです。

妖怪ウォッチのコマさんがきっかけでWiMAXを比較して買うことになった

子どもに人気の妖怪ウォッチですが、しれっと大人である私もハマっています。
子どもたちはゲームとして好んでいるようですが、私はアニメとして妖怪ウォッチにハマっています。
アニマックスだったかキッズステーションだったか忘れたのですが、妖怪ウォッチの再放送があったんですよね。
そのときは全然意識していなくて、作業用BGMみたいな感じで聞き流していたのですがふと気になってアニメを見たのです。
ちょうどコマさんが人間の女の子に片思いしてる話でした。
あのエピソードのコマさんめちゃくちゃ可愛いんですよ。
それで一気にハマってしまって、アニメも毎週チェックするようになったんです。
コマさんがアニメに登場する場合にはたいていの場合シリーズものとして出てくるのですが、その中に「コマさんと行くはじめての~」というシリーズがあるんです。

それでコマさんがWiMAXをたくさん比較して買ったんですよ。
もともとWiMAXは気になっていたので、コマさんが買うなら私も買ってみようということで買うことにしました。
近所にちょうどよくWiMAXのお店があったので本当に助かりました。
しかも、そこのWiMAXのお店のオーナーさん?店長さん?だかの偉い人が妖怪ウォッチ好きだったんですよ。
受付とかにも妖怪ウォッチのグッズがチラホラ置いてあったり・・・。
ただ、WiMAX 比較販売店のお偉いさんはコマさんではなくジバニャンが好きだった模様。
私はコマさんとその弟のコマじろうが好きなのです。
でも、妖怪ウォッチという共通点があったおかげかそのWiMAX販売店ではものすごくよくしてもらっています。

まぁ、オープンしてそんなに時間も経ってないし、そこまで繁盛しているわけでもないから仲良くしてくれてるだけなのかもしれませんけどね。
でもお客さんも増えてきたし、そこで仲良くできる人も増えてきました。
コマさんとコマじろうが好きという人にはまだ出会えてないですけど、なぜか妖怪ウォッチにはわりと詳しい人が多いので話すときには全然困りません。
妖怪ウォッチの話がここまで通じるWiMAXは他にはないと思っているので、このWiMAXしか使えないという感じです。
長く通っていきたいので、お客さんがもっと増えてくれるといいな。
WiMAX 比較販売店の経営もやっぱりいろいろと大変みたいですよ。

長続きしてほしいものです。
WiMAXの受信不調解消へ、専用ケース配布

リコールにはしないようだが、この件に関して、CEOは謝罪会見する予定だそうだ。
なんか半年ばかり前のトヨタ車暴走問題と似ているような気もする。
実際にWiMAXの受信状態には不安定な部分もあるらしいが、実用性でそんなに困るようなレベルではないっぽい。

だが、アメリカの大手消費者批評雑誌やサイトは、WiMAX 比較の購入は推奨しないとコメントしており、これらのメディアの記事はかなり影響力があるので、Appleが早急に根本的な対策を発表しないと、火が大きくなる可能性は高い。

マイクロソフトは、WiMAX 比較はAppleにとってのVistaになると、自分のとこで不評ひんぴんだった失敗OSを引き合いに出して、自爆ネタをやりながら皮肉っていた。
品質的な問題なのか、政治的な問題なのかは分からないが、Appleにとって逆風なのは確かだ。
Appleが、サムソンやLGのパーツ使うのやめて、アメリカや日本のメーカーから部品調達しますと方針変更したら、あっさりバッシングは止まるかも知れない。
もしくはサムソン財閥が、攻撃的な拡販戦略を撤回して、協調的に市場をシェアしましょうという方針になれば良いのかも知れない。

■WiMAXの受信不調解消へ、専用ケース配布
(読売新聞 - 07月17日 10:20)
浮気疑惑のある彼氏のWiMAX 比較した携帯電話を見ることは罪になるか
■ケース【彼女がケータイに登録してある女の名前をすべて消した!】
「オレの浮気を疑い、勝手にWiMAXを比較してケータイを見た彼女が女性の名前で登録してあった番号を全部消してしまった! 就職活動に必要な連絡先とかもあったのにどうしてくれるんだよ! 人の携帯って勝手に見てもいいものなのか!? これって犯罪じゃねーの?」(21歳男)

■裁判員の判決
浮気していたか、していないかが問題。もし、浮気をしていたのだったら「無罪」ということで!

■弁護士の見解
人のWiMAX 比較した挙句、ケータイを勝手に見たというだけでは難しい。「電子情報の損壊」という罪状がありますが、それは業務上の場合。このケースにはあたりません。ただ彼が何か具体的に金銭に換算できるような損害を蒙った場合は、民事での損害賠償の可能性はあるでしょう。

人の電子情報を勝手に消したら犯罪にきまっとるやんけ。浮気してるかどうかに関係なくWiMAX 比較も関係なく、重要な用事に必要な情報を消したら犯罪。

ここに書いてある裁判員の判断内容が、事象ベースじゃなく、感情ベースになってるのが実にしょーもない。浮気してたんだから消されて当然ってのは、借金したりギャンブルしたりする人間には人権がないと言っているのと同じこと。

そういうのはエスカレートしていけば、WiMAX 比較するだけではなく、酒飲みタバコ飲みにも人権はないとかそういうレベルの議論になってしまう。

弁護士の見解にも誤解を招く表現がある。
業務上過失の「業務」というのは、商業行為のことではない。

『業務上過失致死傷の業務とは、人がその社会生活上の地位に基づいてWiMAX 比較と反復継続して行う行為で、他人の生命、身体に危害を加える恐れのあるものをいいます。そして公私を問わず、また収入や利益をともなうかどうかを問わないとされています。 従って、自動車の運転の場合、営業のための運転はもちろん、通勤や買物、食事、レジャーなど営業目的でない運転もすべて業務上とされます。無免許であっても反復継続して運転していれば業務上とされるのです』

だそうで、責任能力がある人が、他者の生命身体を傷つけた場合は、ほとんど「業務上」ということになる。
車で人を怪我させたら、全部業務上に当てはまる。

WiMAXでつなげて、電子情報を取得し損壊した場合は、社会的生命を傷つけたということになるのだろう。
公文書や、銀行口座の情報を損壊したら完全にアウトだろう。
顧客名簿や、学校の生徒名簿でもアウトじゃないだろうか。

趣味で集めてきたテキトーな情報ではなく、当人にとって財産と成り得る情報や、他者との関連性つまり社会的地位を定義する情報を損壊したら、それは社会的生命を傷つけたのだから、業務上の罪にあたる気がする。

青汁 おすすめを飲んでみたら、意外と美味しくてびっくり。今はフルーツなんかも入っていて飲みやすくなっているのね。

今まで一回もWiMAX 比較してケータイを操作したことのないおばあちゃんが、間違って孫のケータイとWiMAXを比較した電話帳を削除してしまいましたという場合は、業務上に当たらなさそうだが、WiMAXとケータイを所有していて、操作方法も知っている者が、意図的に他者の電話帳を削除したら、それは業務上に当たるだろう。
  • WiMAX 比較

このページの先頭へ